外壁リフォームのメリット

近年、マイホームのリフォームを行う世帯が増えていますが、内側だけではなく外側となる外壁のリフォームを行うことも築年数によって考えるべき問題となっています。外壁を新しくすることによって、家全体のイメージが変わり、ドレスアップ効果を期待することが可能です。さらにメリットとなる事柄としては断熱性を挙げることもでき、猛暑となる夏に涼しく、寒波が訪れる冬に暖かいなど、暮らす上で重要となる室内の環境も良く、さらに光熱費を抑えることにも繋げることができ、快適な暮らしを実現出来ます。また結露防止効果とよべるメリットも外壁リフォームにはあり、通気構法とよばれる施工を行うことにより、壁内に空気の通り道ができ、嫌な湿気を放出させて結露に悩まされない住まい環境を作り出すことができ、自ずと住宅の耐久性にも繋げることが出来ます。

外壁リフォームの目安

住まいの外壁には重要な役割があり、例えば、雨や風、熱から家全体を守ることや、外からの音を遮断する役割が挙げられます。また、建物にかかる重量負担を和らげる役割もあり、結果的に耐久性を高めてくれるのが外壁の特徴的な役割です。日々の暮らしによって壁は劣化してくるためにリフォームを行う必要があり、素材のコーディネートで家を外側からデザインし、外観を意識することも可能になります。リフォームの目安としては、築年数などの劣化が一番の目安であるものの、環境によっても年数問わずに施工するべき目安も挙げることが出来ます。例えば、指で壁を触った場合に指に白い塗装が付着する場合や、ヒビ割れや剥がれが見受けられる場合なども目安とすることができ、早めの施工によって遮音性・耐震性・耐水性を高め、大事な住まいをしっかり守ることに繋げられます。

外壁素材から選んだリフォーム

戸建て住宅においては、外壁リフォームを行うことも暮らしのメンテナンスとして重要視されており、サービスを提供する事業所も全国に数多く展開され、大切な住まいについて相談しやすいのも魅力の1つです。リフォームは経年劣化によって行うのが一般的ですが、色褪せやヒビなどが気になる場合にも新築の頃のような仕上がりを実現させてくれます。また、外壁は耐久性に優れているのが特徴ですが、塗装を例に挙げた場合、種類によって3年から7年程度も耐久性で違いが生じるため、耐久性から素材を選ぶことが賢い方法です。特に注目されているのがアルミ外装であり、工期も短く、廃材も少ない魅力が挙げられています。また、近年の住宅で誰しも気にかけているのが耐久性の問題であり、軽さがあり、建物に負担をかけずに揺れに強いのもアルミ外装材の特徴で、表面がアルミであるために台風などでも雨を吸水しにくく、漏水や凍結などによる表面劣化を防ぐことが出来るなど、外壁リフォームのメリットが数多く挙げられています。