外壁リフォームの種類

外壁リフォームと一言で言っても、その方法には色々な種類があります。まず、考えなければならないのは、家がどの程度傷んでいるかということです。外壁は、家を包み込んでいるもので、外からの被害を防いでくれます。その為、年月が経つことで劣化します。劣化具合が激しいにも関わらず、簡単なリフォームで済ませてしまうと、劣化を止めることができない可能性もあります。下手をすれば、ひびが入りそこから雨水が進入するということにもなりかねません。リフォームの種類としては、外壁材を重ね張りする方法や、塗替えなどがあります。どのような内容の工事をするのかすぐに決める必要はありません。まずは業者を呼んで家がどのくらい傷んでいるかを相談することが得策と言えます。その上で、最適な工事方法を提案してもらい、施工するかどうか検討しましょう。

外壁リフォームの張替え工事

外壁リフォームには、いくつかの種類がありますが、その中で最も本格的と言えるのが、張り替えです。これは、既存の家の外壁を一旦はがし、骨組みだけにします。そして、新たに外壁材を取り付ける方法です。この方法のメリットは、老朽化した家でも、構造的にしっかりとした丈夫な家に改築出来ることです。家が古くなってしまえば、建て替えるしか無いと思うかもしれませんが、張り替えをすることによって、見違えるような出来になります。そして、張り替える外壁材については、断熱や遮音性のある素材を選ぶことが出来るので、単純な修繕というよりも、新たな機能を持った家にすることも可能です。この工事をする時には、施工前の壁にヒビが入っていたり、家の傷み具合がひどい場合に行われます。リフォームの中では、費用がかかる方ですが、立て直すよりも安く施工することが可能です。

外壁リフォームの重ね張りのメリット

外壁リフォームの施工方法の一つに重ね張りという方法があります。この方法は、既存の外壁を壊すことなく、その上から新たな壁を取り付け二重構造にします。新たに壁を付け加えるということからイメージしても、家の丈夫さが増し、耐震強度も強くすることが出来ます。また、どのような素材を取り付けるかによって変わってきますが、断熱性を向上させたり、火災から守ったりと、色々なメリットが期待出来る方法です。ただし、デメリットもあります。それは、素材が必要になるため、どうしても工事費用が高くなってしまうということです。また、単純に外壁を塗り直す工事よりも、長い施工期間が必要になります。家がどのくらい傷んでいるかにもよりますが、工事業者に不明点を質問しつつ、防音や遮音性の改善が必要かどうか判断した上で、工事をするか決める必要があります。