建物の長寿命化には屋根や外壁等を早めにリフォーム

戸建て住宅、マンション共に建築後の年数経過と共に屋根や外壁等は酸性ガスの他に塵や微粒子状汚染物質の含まれる大気中で連日、紫外線や風雨に曝されるわけですから、これらの部位は少しずつ塗料が剥げ落ちたり、あるいは、部材が腐食したり、劣化したりすることが避けられません。住まいはサラリーマンにとって一生に一度の買い物と言われるくらいですから購入したら出来るだけ長持ちさせたいはずです。建築後10年程度経過したら屋根や外壁等は定期的に専門家のチェックを受けて、早めに塗装塗り替えや補修したり、リフォームした方が良いと言われています。生活していると家電製品や設備の故障あるいは室内の汚れや変色等が目につくようになるので、建物内部の補修やリフォームの方に力を入れがちです。しかしながら、屋根や外壁等の手入れが遅れると水漏れや部材の腐食拡大の原因となるので、建物全体を建て直す必要が出る程の影響も考えられるわけです。

外壁リフォームで変身

新築そっくりとまでは行かなくても、家の外壁をリフォームするだけで雰囲気が随分変わります。色々な方法があり、自分の家が見違える我が家になります。まず、一般的なのが外壁の塗料を塗りなおす方法です。自宅がパワーボードや吹き付け塗装などの場合です。塗料にも数種類ありお値段も高価な物からリーズナブルな物までまちまちですが、高価な塗料には汚れが付着しにくい物や、熱を跳ね返す物、塗料自体の耐数年数が長いなどのメリットがありますので、何度も塗り替えの必要がなく足場代の事を考えるとお得かもしれません。次に外壁にサイディングを貼る方法です。これは、壁が分厚くなる分断熱効果が高くなります。どちらの方法も、年数が経過し傷んだ家を綺麗にしてくれます。そして、今までとは全く違った色や組み合わせをすることで、見違える我が家になるのは間違い無しです。

外壁もリフォームが必要

室内は日々の生活に直結しているため汚れやキズ、暮らしていく中で不便なところなど直ぐに気がつくものですが外壁となると日頃から注意していないと経年劣化によるヒビ割れや色落ちなどそう簡単には気付けません。夢のマイホームを建てても室内インテリアばかりに目がいき、ついつい外壁は後回しになってしまいます。建てる事がゴールになってしまうとその先にある維持に関しては疎かになってしまいます。そうならないためにもリフォームは外壁からすると良いです。見た目が綺麗でも中は汚いとか中は綺麗だけど見た目は最悪というのはアンバランスですから、あくまで出来る範囲でバランス良くする事です。費用も家の周りに足場を組んで自分の家の為に職人を確保するので50万円以上かかりますがやるべきです。雨風に野ざらしになる外壁は少しのひび割れから広がっていきます。色を塗ったり吹き付けをすることで補修になります。